大阪商業大学硬式野球部ホームページ

ご覧いただきありがとうございます。応援よろしくお願いします。

A7A1F380-1AF8-4A70-A07D-29C0493487C6

クラブ基本情報 ≫ クラブニュース ≫

CLUB NEWS

阪神タイガースと交流戦

0000221028.jpg
8月24日の阪神タイガース(ファーム)とのプロアマ交流戦は、3-6で敗戦しました。

   
大阪商業大学  
阪神タイガース  

  大商大の先発は金子、1回から連打を許し3失点、2~4回はランナーは出すも何とか後続を断ちます。5回の表、商大は黒田、池田のヒットと山﨑のバンドの フィルダースチョイスで無死満塁のチャンス。本田がレフトに落として1点(上写真)、続く吉持がセンター前に2点タイムリーで同点とします。
 しかし、5回の裏にも2失点、6回は二番手岡田が三者凡退に抑えるも、7回に安部が1失点し、3-6となりました。8回裏は岩崎が三者凡退とするも、追撃はなく試合終了となりました。
 リーグ戦に向けて、良い経験となりました。阪神タイガース関係者の皆様はもとより、ご協力いただきました方々に深く感謝申し上げます。今後もご声援宜しくお願い致します。

秋季リーグ優勝、関西選手権優勝「祝勝会」
中日ドラゴンズ 桂依央利、橋爪大佑「入団激励会」

 平成25年度関西六大学秋季リーグ戦の優勝と関西地区大学野球選手権大会優勝の祝勝会が、桂依央利と橋爪大佑の中日ドラゴンズ入団激励会を兼ねて、1月25日(土)13:00よりキャスルホテル大阪で行われました。
 谷岡一郎学長によるご挨拶に始まり、本学野球部OBで衆議院議員の泉原保二様、日本学生野球協会理事の荒井邦夫様よりご祝辞をいただきました。そして、前関西六大学野球連盟理事長で元監督村上博氏による高らかな乾杯のご発声のもと宴席へと進行しました。
 また、宴席では、新花山(あらたかやま)公康氏により、商大野球部を激励する相撲甚句のご披露、本学野球部OBで広陵高校監督の中井哲之氏のスピーチなどで大いに盛り上がりました。また、富山監督による桂依央利と橋爪大佑の激励では、社会人パナソニック入団の近藤大亮(写真中央)、NOMOベースボールクラブに入団する3名(上写真右端より、村上達也、三好竜司、香川卓哉)も紹介されました。宇部部長による新幹部紹介、さらに、OB会から野球部と神宮で懸命に応援をしてくれたチアリーディング部と吹奏楽部へ奨励金が授与されました。最後に会を主催いただいた硬式野球部OB会の森川会長より締めのご挨拶をいただき閉会となりました。
 大いに楽しい会でしたが、「祝勝会」が毎年の恒例の行事になるよう、手綱を引き締め、新たなスターを切るための「激励」の意義を強く感じました。

平成25年度「学長褒章式」

 1月22日に大学の蒼天ホールにて平成25年度の学長褒章式が行われました。活躍した体育会各クラブに対し、団体・個人別に表彰が行われ、硬式野球部はリーグ戦優勝と明治神宮大会でのベスト4に対して団体表彰を受けました。また、また、リーグ戦での個人タイトル獲得の金子、米谷、渕上、桂、山神、吉持と、関西学生野球選手権の最優秀選手獲得の近藤が表彰されました。また、今回は各クラブの女子マネージャーを対象に功労賞の意味を込めて表彰が行われ硬式野球部からは花岡(写真下)が表彰されました。
 そして、全ての表彰が終わったところで全クラブ生を代表して硬式野球部前副主将の中山(写真上)から謝辞が述べられました。

学連の学生委員募集のお知らせ

 関西六大学野球連盟では、連盟の試合運営などを務める学生委員を募集しています。関六に所属する大学(大阪商業大学、京都産業大学、神戸学院大学、龍谷大学、大阪学院大学、大阪経済大学)の学生で新たにはいられる場合は、特に1-2年生が対象となります。

 現在も女子学生委員が多く活躍するなど、野球の経験がない人でも様々な業務を経験できます。試合の運営、パンフレットの作成、広告スポンサー企業との連絡、共同通信社などマスコミとの連絡など多岐にわたり、学生の皆さんのキャリア形成にも大きく役立つ仕事と言えます。各大学では経営学の分野で「スポーツマネジメント」に興味のある学生も沢山おられると思います。実際の現場での貴重な経験にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 各大学の野球部に所属した上での連盟委員となりますので、興味のある学生はまず各大学の野球部に問い合わせてください。

女子マネージャー募集中

硬式野球部では女子マネージャー募集中です(もちろん商大生対象)。部員も100人を超え仕事が一杯、マネージャーの力がもっと必要です。「土日に球場にあまり行けない」「関谷グランドに通うの無理」と考えている人も、大学でウィークデーに手伝える仕事もたくさんあります。裏方でも部員とし様々な喜びを共感でき、やりがいのある仕事だと思います。興味のある人は総合体育館2F課外活動支援室(スポーツセンター)で連絡先を問い合わせてください。

NOMOベースボールクラブとオープン戦

0000082389.jpg
 3月2日NOMOベースボールクラブとオープン戦を行いました。試合結果は、9回に逆転を許し2-4で敗れてしまいました。しかし、先発4年生三好は5回まで1安打、無失点に抑える好投、キャプテン香川の2本のシングルヒットや松村のタイムリースリーベースなどの活躍が光りました。また、積極的な走塁も随所に見られました。春季リーグ開幕まで一か月、待ち遠しい限りです。ちなみに3月1日の太成学院大学とのオープン戦は3-0で勝利しました。

 写真はこの春の卒部生の二人、白井優馬外野手(左)と濱田裕也投手です。NOMOベースボールクラブに入団が決定、早速母校を相手に来てくれました。この日の二人の調子は今一つでしたが、クラブの本拠地である豊岡は雪が多く、まだまだ練習が十分にはできていないとのこと、今後の奮闘を大いに期待しています。

 清水監督をはじめNOMOベースボールクラブの皆さん、遠路お越しいただき、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。